読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金持ちが本当に幸せとは限らない!

 お金があれば欲しい物が、好きなだけ買える!学生の頃は純粋にそう思っていました(笑)。 

 

 そんな自分も大人になり、就職してそれなりの給料をもらっていました。最初の数年は、色んな物をたくさん買って、とても楽しかったことを覚えています。ですが勤続年数がふえ仕事の量も責任も増えていき忙しさが増していく一方で、とりあえず買ってみたいと思っていたものを一通り買って体験してしまい、お金の使いみちが徐々に減っていきました。新しい使いみちを探そうと何度も思いたちましたが、仕事の忙しさやプレッシャーに飲まれて毎日疲れ切ってしまい、ずっと停滞していたことを覚えています。そして最終的にはなんで働いているのかわからなくなってきました。 

 

 アメリカの大学の調査では年収630万を超えると徐々に幸福感が薄れていく結果もあるそうです。幸福感が薄れていく理由は、仕事の時間やストレスがお金を使って得られる楽しい体験を上回っていくそうです。自分の体験とも当てはまります。

 

  現在ですが、務めていた会社をやめ収入はかなり減りましたが、少しずつやりたい事や欲しいものが見つかりはじめてきました。欲望は満たしたいものですが、すべて満たされてしまうと目標を見失ってしまいます。そして人間が考える以上に適度な欲望は、そんなに湧き上がってきません。やっぱり何事も程々が一番ですね。